40代、50代が失敗しない老眼向けレーシックとは

レーシックの一般的な手術は、近視矯正のための手術ですが、最近は老眼に最適な老眼治療レーシックも開発されました。今までのレーシックは近視の視力回復治療でしたが、老視矯正レーシック「遠近両用眼内レンズ」は、老眼が混じった中高年向けレーシック。遠くも、近くも見えるようになるという、40代50代に最適なレーシックです

一般的なレーシックは、コンタクトやメガネを掛けて近視回復をするのと同じで、近視を治し遠くにピントが合うようします。その結果、近くの物にはピントが合わなくなるのですが、若いうちは目の筋肉と水晶体がちゃんと動いてピントを合わせてくれます。年齢を重ねると、このピントを合わせる働きが弱ってきます。(これが老眼です。)

正視(視力のちゃんとある人)なら、40代半ばぐらい、遠視の場合、もっと早くに老眼の症状が出始めます。でも近視の人は近視だったため自覚症状が遅く、初めての老眼鏡も50代になってからが多いようです。またレンズの度数もだいたい弱くて済みます。

若いうちにレーシックの手術を受けると、目がちゃんと近くのものにも焦点を合わせてくれるので問題はありません。けれども中度・軽度の近視で老眼が入ってきた40代、50代でレーシック手術をすると、遠距離はよく見えるようになっても、手元のピントが合いにくいのを急に感じるようになって老眼鏡が必要になり、失敗したと思う場合が稀にあります。

こういう失敗をしない対策としては、レーシックで軽い近視に仕上げる方法があります。たとえば遠方視力は裸眼で普通免許がやっと合格するような0.8くらいに仕上げると、手元にも不便を感じないかもしれません。ただ0.8ぐらいでは、レーシック手術の甲斐が無いと思う方もいるかもしれませんね。

老視矯正レーシック「遠近両用眼内レンズ」なら、このような失敗は起きません。またレンズは白内障手術にも使うことができ、手術方法も、安全と言われる白内障手術と変わりません。ただ、今までの白内障手術に使われていた単焦点のレンズではなく、老眼治療レーシックでは多焦点眼内レンズを使って行うので、その結果、遠距離、中距離、近距離全てにクリアな視界が期待されるようになったのです

この老眼のためのレーシックなら、水泳・ゴルフ・ダイビング・バイクなどスポーツを楽しむ中高年の方、パソコンを長時間使用する中高年の方、老眼で視界が悪く白内障の症状も出ている高齢者の方などに最適でしょう。まず1度、レーシックを行っている眼科クリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

レーシックを40代50代で受ける場合コンテンツ一覧

中高年(40代50代)レーシックのメリット

レーシックとは

レーシックとイントラレーシック

カテゴリー